“頭韻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とういん66.7%
アリテレーション33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頭韻”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.8%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これを頭韻とういんといつて、日本につぽんうたでは、あらかじ計畫けいかくしてかういふことをするのはすくないが、偶然ぐうぜんこんなかたち出來できることがあります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
ごく長い句と短い句とが交互になってる詩で、一点符、二点符、三点符、横線符、休止符、大文字、イタリック文字、傍線付の言葉などが、頭韻とういん法や反覆法——一語の、一行の、または全句の——などとともに、きわめて重要な役目をさせられていた。
しかし、何故か sechゼッヒ(短剣)と云うと狼狽ろうばいの色が現われて、しかも、短剣の刻印ゼッヒ・シュテムペルと、頭韻アリテレーションを響かせて一つの音節シラブルにして云うところを
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
つまり、一つの長い音節シラブルが、量において二つの短い音節シラブルに等しいというのが原則で、それに、頭韻アリテレーション尾韻エンドライム強音アクセントなどを按配した抑揚格アイアムバスを作って、詩形に音楽的旋律を生んでいくのです。ですから、一語でもその朗誦法を誤ると、韻律が全部の節にわたって混乱してしまいます。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)