ジャン・クリストフ06 第四巻 反抗06 だいよんかん はんこう
序 ジャン・クリストフの多少激越なる批評的性格は、相次いで各派の読者に、しばしばその気色を寄せしむるの恐れあることと思うから、予はその物語の新たなる局面に入るに当たって、予が諸友およびジャン・クリスト …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 無駄むだ 香具師やし たが 見馴みな 鬱憤うっぷん 不機嫌ふきげん たこ 坩堝るつぼ 峻烈しゅんれつ 披瀝ひれき 畢生ひっせい 下卑げび 鵜呑うの 身悶みもだ 譴責けんせき 足蹴あしげ もも 芝生しばふ 嗅覚きゅうかく 律義りちぎ 仮借かしゃく 混沌こんとん 峻厳しゅんげん 蜜蜂みつばち やり 整頓せいとん 混淆こんこう 清冽せいれつ 満腔まんこう はく 腹癒はらい つぐみ 忌憚きたん 牢屋ろうや 陳腐ちんぷ 精緻せいち 近衛このえ 危惧きぐ 困憊こんぱい かす 瑪瑙めのう 襟首えりくび 息吹いぶ 貪欲どんよく 佩剣はいけん 喘息ぜんそく 彗星すいせい 白髯はくぜん 秘訣ひけつ 素朴そぼく 頑張がんば 抹殺まっさつ 凡庸ぼんよう 咀嚼そしゃく 笑靨えくぼ なし 清楚せいそ 小唄こうた 轟然ごうぜん 杜鵑ほととぎす 蕭条しょうじょう 齟齬そご 愚昧ぐまい 遁走とんそう 閃光せんこう 座頭ざがしら 熾烈しれつ 厭気いやき 廃頽はいたい 書肆しょし 怯懦きょうだ 蹉跌さてつ 燐光りんこう 眼差まなざし 齷齪あくせく 欺瞞ぎまん 破風はふ ほこ 情誼じょうぎ 台辞せりふ 恭々うやうや 歪曲わいきょく 見守みまも 友誼ゆうぎ 猥褻わいせつ 暴戻ぼうれい 好々爺こうこうや 快哉かいさい 瞥見べっけん くびき 誹謗ひぼう 渾沌こんとん 隅々すみずみ 謬見びゅうけん 牝牛めうし 遊蕩ゆうとう 苛酷かこく とりこ 蠱惑こわく
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)