ジャン・クリストフ06 第四巻 反抗06 だいよんかん はんこう
序 ジャン・クリストフの多少激越なる批評的性格は、相次いで各派の読者に、しばしばその気色を寄せしむるの恐れあることと思うから、予はその物語の新たなる局面に入るに当たって、予が諸友およびジャン・クリストフの諸友に願うが、吾人の批判を決定的のも …
作品に特徴的な語句
微笑はほえ けんお 嘲笑ちょうしよう ゲムユート ゲミュート ひし かん はとばし 泥濘ねかるみ うわ 永久とわ 酒瓶さけびん れん 御子しし かお 磔刑はりつけけい かたわ よぎ とうと 栄光グロリア 正直せいちょく ふる おり かかわ こうむ かっ とっ さえずり おく たぶ うん くら 明星スター 広告びら タイム がえ うる 退さが そよ せん 玩具がんぐ 喧嘩げんか かか キイ 茶碗ぢゃわん 揶揄からかい おお わし かご しょう いや しるし なめ くびす きび 寂然じゃくねん 奴僕どぼく まばゆ 退 かろ めあ ゆだ きよ 穿うが 鍵盤キイ 嘲笑ちょうしょう だる くしゃみ ぼっ 鉄槌てっつい 鉄柵てつさく 楽旨テーマ おと だな たが 塵埃じんあい 墓窟ぼくつ 棒杭ぼうくい くしけず 太陽 ひと さから 桟敷ボックス のが 妄言ぼうげん 搾木しぼりぎ ゆす
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)