ジャン・クリストフ09 第七巻 家の中09 だいななかん いえのなか
序 ジャン・クリストフの友人らへ 私は数年来、既知あるいは未知の離れてる友人らと、いつも心のうちで話をしてきたが、今日では声高に話す必要を感ずる。それにまた、彼らに負うところを感謝しなければ、私は忘恩者となるかもしれない。ジャン・クリストフ …
作品に特徴的な語句
ほお うつろ らこ かたわ かお 饒舌おしゃべり おおい 舞踊ダンス うる うる むな ぎら 饒舌しゃべり 巾着ぎんちゃく 幻象まぼろし 憂晴うさば 塵芥じんかい あた そよ 玩具がんぐ きたな 侠勇きょうゆう しょう おとしい 相鬩そうげき ゆだ おぶ くつが かたくな おん 老耄ろうもう たた 脂肉あぶらみ 嘲笑ちょうしょう キー ろう ひら から 沙汰ざた 彷徨ほうこう 唐突とうとつ くち つか むつま あやま たず かど ひま 筋肉にく まこと 旋律メロディー くつがえ ごう だな いまし 主婦かみ ほこ とびら なま 把手とって 炬火きょか 佇止ちょし あわ わざわ にな ぬぐ かずら こま しつ 甲斐がい 饒舌じょうぜつ 悪戯わるさ いや 枕頭ちんとう 全景パノラマ だこ みぞ 裁断さばき つく こわ ざら あたた 艱難かんなん 耕耘こううん 胡麻ごま 耽美たんび 聖書バイブル 聾唖ろうあ はら 肺尖はいせん
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)