ジャン・クリストフ04 第二巻 朝04 だいにかん あさ
一ジャン・ミシェルの死 三か年過ぎ去った。クリストフは十一歳になりかけている。彼はなおつづけて音楽の教育を受けている。フロリアン・ホルツェルについて和声を学んでいる。これはサン・マルタンのオルガニストで、祖父の友人であったが、いたって学者で …
作品に特徴的な語句
うる いとま まり かお さま なつか おく すがた 物語ローマンス 強請せが 桟敷きじき ながら おも 筋斗とんぼがえり 退さが のぼ むな そよ 下手したで 生温なまあたたか おお おびや きずな 爪先つまきき そびや しょう なめ 繊麗せんれい ゆわ 歌女うたいめ 溝渠みぞ おとしい 泥土どろつち くう せん 一事ひとこと こら とびら つつ まず 自負うぬぼれ はさ 揶揄からか こわ 恍惚うっとり たち 施与せよ 思召おぼしめし ひま 襟飾えりかざり 彷徨ほうこう ろう 服装みなり ゆか こいねが かど きよ いさか うな 老婢ろうひ 嬌態きょうたい きら こび だな かたま 嘲笑ちょうしょう たが しわが つり ばち 鉾先ほこきき から とげ 取計とりはから おごそ 仰向あおむけ 香袋こうぶくろ ささ つく きよ 饒舌じょうぜつ 先触さきぶれ 顔貌がんぼう 顫律トリロ しもべ まさ
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)