“筋斗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もんどり38.1%
とんぼ28.6%
きんと19.0%
とんぼがえり9.5%
とんぼがえし4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不意に翼を折った飛行機のようにキリキリと二つ三つ筋斗うって、バサリと落ちて雪に撞き当ったまま、再び飛ぶ勢もなく其儘にれてしまうものらしい。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
如才ない富公は お嬢さん お嬢さん と機嫌をとつて、さかだちをしたり、筋斗がいりをしたり、いろんな芸当をやつてみせる。
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)
これは凡兆の付け方、しきやうなり。されどこの芭蕉の句は、なかなか世間の才人が筋斗百回した所が、付けられさうもないには違ひなし。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
寝台の上に筋斗をした。それからテーブルに駆けつけ、ペンを取って、すぐに返事を書こうとした。一分も待っておれなかった。しかし彼は書き慣れていなかった。
お辞儀をすべき場合に筋斗などを打つというわけで、どうも気もそぞろな様子なんである。