“四途路筋斗”の読み方と例文
読み方割合
しどろもどろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氷山けて飛散く、すでにつて、四途路筋斗海賊船に、命中るも/\、本艦々尾の八速射砲は、一隻撃沈し、同時打出す十二榴彈