“碎”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
くだ94.2%
くた1.9%
くだき1.9%
くだく1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からう……はものからう……所々藥研のやうなひゞがつて、から、銀河くがる。
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ひ、桃奴腰骨微塵けよとありければ
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
聞より此方の庄兵衞は今迄手活の花とのみ思ひゐたりし女をば他へ取るゝ無益しさ如何はせんと取置寢食も忘るゝ計に考へしが不※思ひ附きお光を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
抱せ海老に掛らるゝ事既に十三度に及び皮肉切破るばかりの苦痛堪兼是非なく無實の罪にし所此度是なる節恐れ多くも松平縫殿頭樣へ御駕籠訴仕つりしより江戸へ召出され再應の御吟味ること有難仕合に私し風情の女房が願を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)