“堪兼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たまりか38.5%
たえかね15.4%
たへか15.4%
たへかね7.7%
こらへかね7.7%
たえか7.7%
たへがね7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一時餘ちぬれどもでよとはのたまはず、はただしふべき樣子もなし。彼者堪兼ねて、「最早御出さるべし、御慈悲」とる。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
主人ながら友達共思ふ仲よしのかうはた物の、言過て病にさわりはせぬかと今更冷汗色をかえての心配顏、嬉敷に附我身のかひ堪兼て夜着に顏差入て忍なき
うづみ火 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
朧々のあかりにも、のないはなし……あれば不氣味さ、可厭さ、可恐しさ、可忌しさに堪兼ねる。
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
するぞて藤兵衞が所持の脇差を如何の譯で汝ぢが手にたるぞサア/\其譯白状すべしと問詰られて彌十は苦痛堪兼も免れぬ處と覺悟を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大切に致せよと云捨て奧へ行んと爲るを吉三郎最早堪兼利兵衞がへ何故然樣の事を申され候や此身になりても御無心に參りしには非ず貴殿には我が父より御頼み申せしことを忘れ給ひしやと
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
然るにわたくしの家には、折々下女さえいない時がある。下女がいなければ、隣家へ饋ればよいという人があるかも知れぬが、下女さえさびしさに堪兼ねて逃去るような家では、近隣とは交際がない。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
抱せ海老に掛らるゝ事既に十三度に及び皮肉切破るばかりの苦痛堪兼是非なく無實の罪にし所此度是なる節恐れ多くも松平縫殿頭樣へ御駕籠訴仕つりしより江戸へ召出され再應の御吟味ること有難仕合に私し風情の女房が願を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)