“海老”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海老”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻2.4%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本2.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
をつとはどう了見れうけん兩膝りやうひざげて海老えびやう窮屈きゆうくつになつてゐる。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
今日会社の帰りにいけはたの西洋料理屋で海老えびのフライを食ったが、ことによるとあれがたたっているかもしれん。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)