“駕籠訴”の読み方と例文
読み方割合
かごそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だが、駕籠訴をして斬られた者や、領内から追っ払われた人達のことを考えると、俺は金森一家を根絶やしにしても腹の虫が納まらねえ」
錠の封印へ紙をき、手に油を塗ってこれをし、只吟味に出ます時分又自分で箝めてまいりますだけの事でございます。こゝに松平右京殿、御下城の折柄駕籠訴を致した者があります。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見て其方共儀遠州水呑村名主九助と申者の身分に因て今日御駕籠訴に及びし段御取上に相なりしは今度上樣御代替に付御仁政の始め諸國へ御巡見使を相立てらるゝは御私領とも忠信孝義の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)