奇談クラブ〔戦後版〕きだんクラブ〔せんごばん〕09 大名の倅09 だいみょうのせがれ
その夜の話し手遠藤盛近は、山羊髥の萎びた中老人で、羊羹色になった背広の、カフスから飛出すシャツを気にし乍ら、老眼鏡の玉を五分間に一度位ずつの割りで拭き拭き、見掛けに依らぬ良いバリトンで、こう話し始めました。 「私の話はさしたる奇談ではありま …
作品に特徴的な語句
押立おした 左右そう うけたま 有難ありがと つぎ しな おわ とき すくな 山蛭やまひる 常久つねひさ きざ ひっさ りょう ふる しば ほと たぎ しか かんがえ おのずか おぼ さから かす うえ 不束ふつつか なが 云々うんぬん つかまつ もっ おっ 何処どこ 何故なぜ 何時いつ しか とも わず 兄哥あにい 其処そこ かぶ しの 処女おとめ 到頭とうとう 千切ちぎ 半纏はんてん 叔父おじ 取潰とりつぶ 受答うけこたえ 召連めしつ なご とが ただ 四方あたり 固唾かたず ねぐら 塗炭とたん ほか なだ 寄合よりあい 寛和かんわ むし もっと 屡々しばしば きっ 差上さしあ いおり 弁佞べんねい 引掛ひっか 張上はりあ 強訴ごうそ 御諌おいさ かたじ 怪我けが 懐中ふところ 折角せっかく むし 斯様かよう 日毎ひごと くら 暴戻ぼうれい 曲者くせもの かつ かつら 業平なりひら あざむ
題名が同じ作品
奇談クラブ〔戦後版〕:03 鍵 (新字新仮名)野村胡堂 (著)
奇談クラブ〔戦後版〕:13 食魔 (新字新仮名)野村胡堂 (著)