奇談クラブ〔戦後版〕きだんクラブ〔せんごばん〕02 左京の恋02 さきょうのこい
奇談クラブの席上、その晩の話し手天野久左衛門は、こんな調子で始めました。 「これは実に今日の常識や道徳から見れば不可思議極まる事件だが、芸術至上主義に対する、一つの反逆でもあると思います。筋にはなんの誇張もなく、全く切れば血の出るような本当 …
作品に特徴的な語句
いやしく きつ 配合くみあわ はずか くだ つめた のぼ 其方そのほう 如何いかが はり 此方こっち なま 不躾ぶしつ 人伝ひとづ すぐ きま たくみ きざ うらみ まず ふる ほと たぎ さわや 瓦斯がす しか たち しま やに 鹿 丁度ちょうど たけ うち なが 何処どこ 何時いつ 依怙えこ にわか せがれ まま ひや 凝脂ぎょうし 到頭とうとう 勃々ぼつぼつ いきおい 取結とりむす 可笑おか 呑込のみこ ただ うな のう たしな はや 四方あたり 国広くにひろ ふさ ほか 大童おおわらわ 奇瑞きずい 嫁合めあわ よろ 小浪こなみ もっと 年嵩としかさ 引下ひきさが 御賞おほ ことごと はばか 成程なるほど 或日あるひ 手剛てごわ 手挟たばさ 手筥てばこ ほう 投出なげだ 押付おしつ こしら ひね ふる いとま しばら かつ 有難ありがた なにがし 梅野うめの 欠伸あくび あざむ
題名が同じ作品
奇談クラブ〔戦後版〕:03 鍵 (新字新仮名)野村胡堂 (著)
奇談クラブ〔戦後版〕:13 食魔 (新字新仮名)野村胡堂 (著)