奇談クラブ〔戦後版〕きだんクラブ〔せんごばん〕14 第四次元の恋14 だいよじげんのこい
「痴人夢を説くという言葉がありますが、人生に夢が無かったら、我々の生活は何と果敢なく侘しく、荒まじきものでしょう。夢あればこそ我々はあらゆる疾苦と不平と懊悩にも堪えて、兎にも角にも何万日という——考えただけでも身顫いを感ずるような、恐ろしい …
作品に特徴的な語句
がい にくし あるい 手巾はんけち でっ ただ ねむり 蹴飛けっと おわ 備付そなえつけ 取出とりだ すくな つい ほと すい わだか 見聞みきき 買出かいだ せん 一寸ちょっと 丁度ちょうど なが しま たがい わた いささ 仕舞しま おっ 何処どこ 何方どちら 何時いつ 余儀よぎ しか 入江いりえ 公卿くげ 其処そこ およ 切出きりだ 刺戟しげき 剃刀かみそり 勿論もちろん テーブル 呑気のんき ただ ほか おびただ 如何いか よろ 小火ぼや 引合ひきあい たちま ことごと はばか 成立なりた 所謂いわゆる かかわ こしら おい しばら かつ 有難ありがた 果敢はか なにがし 椅子いす 此処ここ 活溌かっぱつ たた ようや 無碍むげ 焦々いらいら けむ 熱海あたみ 特種とくだね 玲瓏れいろう 珈琲コーヒー 理窟りくつ はなは 申上もうしあ 盧生ろせい 真似まね 矢張やは 立廻たちまわ はず もと 素気そっけ あく 翩翻へんぽん いささ
題名が同じ作品
奇談クラブ〔戦後版〕:03 鍵 (新字新仮名)野村胡堂 (著)
奇談クラブ〔戦後版〕:13 食魔 (新字新仮名)野村胡堂 (著)