“叔父”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おじ84.8%
をぢ8.5%
しゅくふ2.4%
おぢ1.2%
しゆくふ1.2%
おんつあ0.6%
おい0.6%
おじさん0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「このいえへは、親類しんるい叔父おじさんがはいるのだから、ぼく、またあそびにくるよ。」と、ゆうちゃんはいいました。
海が呼んだ話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
先生はその上に私の家族の人数にんずを聞いたり、親類の有無を尋ねたり、叔父おじ叔母おばの様子を問いなどした。そうして最後にこういった。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「若さま、このうえはいたしかたがありませぬ。相模さがみ叔父おじさまのところへまいって、時節のくるまでおすがりいたすことにしましょう」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴方あなたあのこと叔父をぢさんにおつしやつて」といた。宗助そうすけはそれできふおもしたやうに、
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
神田かんだ叔父をぢ一所いつしよとき、わざとハイカラの旅館りよくわんげて、道中繪だうちうゑのやうな海道筋かいだうすぢ
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
叔父をぢさん/\、獅子しゝなんかのほうでは、屹度きつと私共わたくしども怪物ばけものだとおもつてるんでせうよ。
それから居士の母堂を伴って碧梧桐君が東京より来、大原氏——居士の叔父しゅくふ——が松山より見えるようになった頃は居士の病気もだんだんといい方に向っていた。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
なんじ将士、燕王と対塁するも、務めてこのを体して、ちんをして叔父しゅくふを殺すの名あらしむるなかれと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
亡父君ちちぎみのご遺言とはあるが、江夏には兄上がいるし、新野には外戚がいせき叔父しゅくふ劉玄徳りゅうげんとくがいる。もしこのかみ叔父しゅくふがお怒りの兵を挙げて、罪を問うてきたら何とするぞ」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『あの、叔父おぢさんが、てつくるまをおつくりになるんなら、わたくし同一いつしよはたらかうとおもふんです。』
叔父おぢさん、おくさんは何時いつもらふんですか」といた。直木はにや/\してゐる。代助は一寸返答に窮した。已を得ず、
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
叔父おぢさん、わたくしはもうかほあらつてましてよ。』と、睡醒ねざめしぶわたくしかほあほいだ。
恰も好し叔父しゆくふ杏坪きやうへいが当主重晟しげあきらの嫡子斉賢なりかたの侍読となつて入府するので、山陽は附いて広島を立つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
叔父しゆくふ、叔父。ご無事ですか。さきにお別れしたきり小姪しょうてつ疎遠そえん、その罪まことに軽くありません。ただ今、お目にかかってお詫び申すつもりです」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
春水等は山陽の叔父しゆくふ杏坪をして浅野家の執政に説かしめ、山陽の京都より広島に帰ることを許さしめむとしてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
叔父おんつあは昔から力瘤を入れてくれた……それだのに、その力を入れて貰つたおれは、四十にもなるのに今だに素寒貧で、愚圖で、馬鹿で
酔ひたる商人 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
「なえ幸さ、いろいろ世話になつたが、おれは今度は駄目なんだから、おれが死んだらばな……」「叔父おんつあそんな事は決してあツりやせんぞ。」と、おれが言ひかけると
酔ひたる商人 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
「これでようごすか、もちつとそつとやツりやすか?」つて聞くと、「あゝそれでいゝともえ。」と、叔父おんつあは言つた。
酔ひたる商人 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
叔父おいちゃん。」と幸子は真似た。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
別して鹿狩りについてはつの字崎の地理に詳しく犬を使うことが上手じょうずゆえ、われら一同の叔父おじさんたちといえども、素人しろうとの仲間での黒人くろうとながら、この連中に比べては先生と徒弟でしの相違がある、されば鹿狩りの上の手順などすべて猟師の言うところに従わなければならなかった。
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)