鹿狩りしかがり
『鹿狩りに連れて行こうか』と中根の叔父が突然に言ったので僕はまごついた。『おもしろいぞ、連れて行こうか、』人のいい叔父はにこにこしながら勧めた。 『だッて僕は鉄砲がないもの。』 『あはははははばかを言ってる、お前に鉄砲が打てるものか、ただ見 …
作品に特徴的な語句
はて 叔父おじさん 銅色どうしょく 義父おとっさん さか かたわ 戦慄ふる 何度いくど おく まっ 極端はずれ こお 際限はて もと あた 出発たっ あぶ はず 天明あけがた 徒弟でし 火桶ひばち 物語はなし 用意したく 突然だしぬけ 衣裳なり はし うら 三派みつ 今日きょう とも からだ 体躯からだ はい よる 家内うち 寒気かんき 少年こども みさき たび のち 恍惚うっとり 普通なみ 渓流たにがわ ちが なま しら 目的あて 眺望ちょうぼう もも 舷側ふなばた 荊棘けいきょく 通知しらせ 銃丸たま あざ 一人ひとり 一揆いっき 上手じょうず 中根なかね 主人あるじ 二人ふたり 人数にんず つかまつ てい とも かし にい 叔父おじ おのおの 各手てんで 周囲まわり やつ うち 将来ゆくすえ 小径こみち 小藪こやぶ 岩烏いわがらす 左舷さげん 希望のぞみ 帰宅かえ 帰路かえり あと 徒歩かち 心地ここち 戸外そと