“大佐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいさ66.7%
カアネ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいとも。お前たちはみんな大佐にする。んだら、きっとかけて来ておくれ」といいました。仔馬んではねあがりました。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
大佐は、海面より數百尺斷崖られ、しなき印度洋し、美麗なる椰子はれてる。
証明のため額に入れて提げている——と、絵葉書屋と両替人——これは英語で、人の顔を見次第、「両替は? 旦那」とか「長官」とか「大佐」とか