“椰子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やし96.4%
ばあむ1.2%
ヤシ1.2%
ヤーシ1.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“椰子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
実は椰子やしそびえたり、極楽鳥ごくらくちょうさえずったりする、美しい天然てんねん楽土らくどだった。
桃太郎 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
椰子油やしゆ椰子水やしすゐ椰子酒やししゆの採収を初め、其他そのた椰子やしの用途はすこぶる多いらしい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
美貌は、新種族プラナカン(Pranakans)に酷似す。薄鼠色の皮膚、心惹こころひくエキゾチシズムと蛇舞すねいくを踊る妖艶さと椰子ばあむしゅがあのごとき甘美あまさがある。
新種族ノラ (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
年老いた椰子ヤシ樹の列が青い昼の光の中に亭々とそびえ立ち、その下に隠見する土人の小舎がひどく低く小さく見える。
その、もう一つ外側に椰子ヤシ林が続き、さてそれからは、白い砂浜——海——珊瑚礁さんごしょうといった順序になる。
おまへの腰に椰子ヤーシの壺を忘れぬだらう
沈め (新字旧仮名) / 仲村渠(著)