“御米”の読み方と例文
読み方割合
およね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御米近来の字はどう書いたっけね」と尋ねた。細君は別にれた様子もなく、若い女に特有なけたたましい笑声も立てず
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宗助は五六日前伊藤公暗殺號外たとき、御米いてゐる臺所て、「おい大變だ、伊藤さんがされた」とつて
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
けれども彼は自身に家主の宅へ出向いて、それを聞きす勇気を有たなかった。間接にそれを御米に問うことはなおできなかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)