“御米蔵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おこめぐら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御米蔵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は本所の御米蔵おこめぐらのそばに小屋敷を持っている稲城いなぎ八太郎の奉公人で、その名を伊平といい、上総かずさの八幡在から三月前に出て来た者であった。
西瓜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と言ってどもりました。吃った時分には、いま米友が見かけた人影は、御米蔵おこめぐらの蔭へ隠れてしまいました。その人影の隠れた御米蔵をめざして、米友は一目散いちもくさんに駆けて行きました。
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)