“喜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よろこ80.6%
よろこび8.8%
3.6%
よろ2.6%
うれ0.8%
よろこば0.8%
きい0.5%
この0.5%
よろこん0.5%
おむ0.3%
おむが0.3%
よし0.3%
よるく0.3%
コノ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、小川れていって、ボンをれてってやったりして、ボンをばせるのをもしみの一つとしているのです。
少年の日の悲哀 (新字新仮名) / 小川未明(著)
父に関した財産は一切貴方へお譲り申しますからそれを資本に何ぞ人をも益するやうな商売をして下されば、この上のは有りません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と云つたお幸の父も、お幸とお幸より三つ歳下の長男の久吉がまだ幼少な時に肺病につて二年余りもつて歿くなりました。
月夜 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
よしとこぶありけり十九といへど深窓ちは室咲きもじことらねど松風きは瓜琴のしらべに春日
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
骨董屋は損をしたが苦にもせず結局しがつて、私は土州の吉村に百両の鎧をやつたなどと、近処隣に吹聴して居ましたそうな。
天下といふものはてこれを愛惜するものにへるのが當然じや、此石く其主人んだので拙者しくふ、然し此石の出やうがすぎる
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
公の奴はウマクやつたものでさあ。図星だ。僕なんか、見きりが悪かつたんで、たうとう散々な目に会つた始末よ……」
茜蜻蛉 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
孔子、晩にして易をみ、説卦文言ず。易を読み、韋編三たび絶つ。曰く、我に数年を仮し、かくのくせば、われ易に於て則ち彬彬たらん。(『孔子全集』、一九六五)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
富めると貧なるとは前世のにあらずして今世における個人的の境遇なり、貧は身体の疾病と同くこれを治するわずんばで忍ぶべきものなり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
眉面つきはありし日にそのまま……尻からげなどして空嘯いていずと、早よ炉端へ上りな。……はあれがしや、うれしやな
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
兄様が、逐々戻り来しぞ。のう、しやのう。……まず、久々の挨拶をなされ。兄様、お身もお君になんぞ話をしてやってたもい。
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「だんだん人気が、悪くなるよ。さん、近頃は、物騒だねえ。黒船は来るし、変な浪人がうろうろするし——」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
これで、本人は、そぎやんまぢや、うどらんとばい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
抄出すれば万寿菊については「万寿菊、根ヨリ発セズ、春間ニヲ下ス、花開テ黄金色、繋テ且ツ久シ、性極テ肥ヲム」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)