“喜界島”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きかいじま75.0%
きかいがしま25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喜界島などの或る村では、壬戌の日をもってそのいわゆるホウスを祭り、仲一日を置いて翌々日の甲子をもってドンガの日としている。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
花売とはいうけれども門松年木、または尋常の枯枝もあり、或いはぬれた松明とか、根無しという植物とかっている例も喜界島にはある。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
信州とは恐らく何の直接の関係もなしに、ずっと南の鹿児島県の喜界島には、七夕の由来として次のような昔話が伝わっている。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その中の最も珍しく、かつ庚申様の方の話と似通うたものが、やはり鹿児島県南部の喜界島にも残っていた。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)