海上の道かいじょうのみち
私は三十年ほど前に、日本人は如何にして渡って来たかという題目について所感を発表したことがあるが、それからこの方、船と航海の問題が常に念頭から離れなかった。その中の一つで是非ともここに述べておきたいのは、日本と沖縄とを連ねる交通路のことである …
作品に特徴的な語句
老婆おむな つかさ とう こう あき くん どま おく うかがわ しょう かわか とう おどり おろ おお みん 小舟さばに いお 外囲そとがこ かい あず なお ほと ちょ 呪禁じゅきん うも なぞ かん おとず まぬが とら 御飯おんいい かん こう まい 退しりぞ つかさど かつら 彼方あなた 言伝いいつた いきお 商賈しょうか ばかり つまびら すこ だん 巫女ふじょ こお いみ あや かし くう 外間ほかま うえ わが がみ おと 憧憬しょうけい まぎら 酒杯しゅはい なら おおや とど しず めぐ うら 稲架とうか あた あぜ 荒野こうや そう あた こが 斎忌さいき むな 御岳うたき おびや 素地そじ 田居たい のう 何人なんびと なに よね きょう さる 端緒たんしょ