“うれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウレ
語句割合
54.9%
12.8%
12.5%
6.0%
5.5%
2.7%
1.3%
0.7%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
患苦0.1%
0.1%
愁歎0.1%
0.1%
末枝0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
爛熟0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅鯛綺麗なり。のお買初めの、眞夜中、うつくしきに、新版繪草紙つてもらひししさ、し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これをおきになった、さまは、いにまれました。いつしかかがりえて、管弦んでしまったのでございます。
北海の白鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
わがは我を慰め、休息はわがいを和らげんと、我思いおる時に、汝は夢をもて我を驚かし、異象をもて我をれしめたまう。……
文化十年には蘭軒が正月に頭風へたことが勤向覚書に見えてゐる。「正月十日私儀頭風相煩候に付、引込保養仕候段御達申上候」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
し泣きに嗚咽するお珠の顔を、いような力でいきなり抱きしめると、安太郎は、彼女の唇に情熱のるままに甘い窒息を与えた。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
木挽町主人がしそうに「三十六、もう玄米を喰べなくとも宜いとさ」と云われた。本当に悦しそうだった。皆喜んで呉れていた。
萠えいでてき木の芽の或るは白うかがやけり花かともあはれ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
ウレシという語も、「何すとか君をはむ秋萩のその初花のしきものを」(同・二二七三)などの用法と殆ど同じである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
そこは門も家も大きく、おろし垂れこめた住居であった。真女児が出て来て、酒や菓子を出してもてなしてくれたので、しき酔ごこちに歓会を共にした。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
忠孝仁愛の心より鰥寡孤獨をみ、人の罪に陷るをひ給ひしは深けれ共、實地手の屆きたる今の西洋の如く有しにや、書籍の上には見え渡らず、實に文明ぢやと感ずる也。
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
「マルヒユスですか。目の光る、日に焼けた、髪の黒い男ぢやありませんか。」名を聞いて耳をてたフロルスは、しげな声でかう云つた。
てじゃらくらが高じてどやぐやと成ッた時、今までしそうに笑ッていた文三が俄かに両眼を閉じて静まり返えり何と言ッても口をきかぬので
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
背子と二人見ませば幾許かこのる雪のしからまし
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
この歌と一しょに、「うちく春立ちぬらし吾が門の柳のに鶯鳴きつ」(巻十・一八一九)があるが、平凡で取れない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「恐入りましたね。はそれでなくっちゃいけません。」
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今はえも見えずなったゆえ、一日も早う、大奥へ上るように——と、くりかえしていってでありました。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
汝また、うらみともせず、よく魏の急に駈けつけて、しかもすでに孟達の叛逆をそのに打つ。——もし汝の起つなかりせば、魏の両京は一時にやぶれ去ったかもしれぬ。しく思うぞ
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
きってあったような、その新建の二階の板戸を開けると、直ぐ目の前にみえる山の傾斜面にいた畑には、麦が青々と伸びて、蔵の瓦屋根のうえに、小禽しげな声をたてていていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
かれ天皇りまして後に、その庶兄當藝志美美の命、その嫡后伊須氣余理比賣にへる時に、その三柱のたちをせむとして、謀るほどに、その御祖伊須氣余理比賣、患苦へまして
裸体武兵衛は落胆した声で情なさそうに呟いた、数馬もいを含んだ声で
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここに天皇愁歎へたまひて、神牀にましましける夜に、大物主大神、御夢に顯はれてのりたまひしく
おもむろに庭樹をめて奇句を吐かんとするものは此家の老畸人、剣をし時事をふるものは蒼海、天を仰ぎ流星を数ふるものは我れ、この三箇一室に同臥同起して、玉兎幾度
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
時時一群の雀等が一つの大きなさんざめきとなつて、塊まりながら奥の繁みへ転がり落ち、高い羽搏きをあげながら孟宗の末枝を劇しく鳴らし騒いでゐる。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
きっとこれは彼自身に喜びがあって、彼の仇の家にいごとがあるのだ。
風波 (新字新仮名) / 魯迅(著)
これが彼女の皮膚の明晢さに或るひを与へる様に思はれた。彼等は並んでベンチに腰をおろした。伊曾は強い香気をいだ。しかし何の温度も感じなかつた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
心洵に神にれてだその声を聴かざるもの、人知れず心の悩みに泣くもの、迷ふもの、ふるもの、一言すればすべて人生問題にきて惨痛の涙を味へるもの
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
さんに聞いてみると、すこぶる水気の多い、い蜜柑だそうだ。今にたら、たんとし上がれと云ったから、毎日少しずつ食ってやろう。もう三週間もしたら、充分食えるだろう。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『こう爛熟きった文化というものが、いつ迄、この儘で栄えてゆきましょうか』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一ツぬ日はなし江戸の春とは幕府盛世なる大都會の樣を十七文字にりたる古人の秀逸にして其町々の繁昌は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)