“あわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アワ
語句割合
16.5%
11.6%
11.6%
周章11.3%
6.8%
6.8%
5.5%
3.4%
3.3%
3.1%
安房3.0%
2.7%
阿波2.4%
狼狽2.3%
2.0%
1.5%
1.1%
泡沫0.7%
0.6%
0.4%
0.3%
0.3%
合奏0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
合調0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
慌忙0.1%
0.1%
調0.1%
0.1%
調合0.1%
0.1%
倉皇0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
気泡0.1%
0.1%
0.1%
相会0.1%
粟生0.1%
0.1%
逢着0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも二つ三つの光芒が、暗黒の室内をただしくいたが、青竜王に近づいたと思う間もなく、ピシンと叩き消されてしまった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
(おそらくはのたれという終りを告げるのだろう。)そのれな最期を今から予想して、この洋杖が傘入の中に立っているとする。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
うれしかった事も、悲しかった事も、悲しんだ事も、苦しんだ事も、畢竟は水の上に浮いたがまたはじけて水に帰るようなものだ。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「ハイ」と云ったが、周章てて止め、「ご迷惑でないようでございましたら、その手箱はもう少々お預かりなされて下さいますよう」
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
角海老時計きもそゞろれのへるやうにれば、四絶間なき日暮里りもれがりかとうらしく
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その中に胡麻や竹やいろいろあったが、豆はどうであったか、もう一度よく読み直してみなければ見落したかもしれない。
ピタゴラスと豆 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
せてその邪魔になる佐藤孫四郎の命を縮めるよう……詰まりは恋に眼がんで、白蝶の邪法を行なうことになったのでござります。
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それに今またそれらの友と力をせて「日本民藝美術館」の設立を急ぐ私は、共に工藝に関する思想の建設をも試みるべきであろう。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
訓練された七名の警官は、まるで霧のように静かにりこみました。階下の廊下は灯火の光に夢のように照らし出されています。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
取残された兼太郎は呆気に取られて、寒月の光に若い男女がに手を取り肩を摺れして行くその後姿と地にくその影とを見送った。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「あれが安房上総の山々、イヤ、絵にかいたような景色とは、このことでしょうナ。海てエものは、いつ見ても気持のいいもので」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
当時の相場に掛けてわが悪筆を人かられまれるようになってからも、私の自信の源になっていたのだから、おかしなものである。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
これ以外に特に注意するのは、阿波の山村や伊予・土佐の各地に、これをイタンポまたはイタンボという例の多いことである。
父は狼狽てて「いや、その事やったら、よう分かってるのやが」とせき込んで遮切ったが、何かの固まりの様に唾を呑むと弱々しく呟やいた。
十姉妹 (新字新仮名) / 山本勝治(著)
(中略)清麻呂らと事を謀っている同類の存在も分っているが、天皇のマツリゴトはをもって行うべきものだから、れみを加えて差許してやる
安吾史譚:02 道鏡童子 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
早々蚊帳に逃げ込むと、夜半に雨が降り出して、頭の上に漏つて來るので、てゝ床を移すなど、わびしい旅の第一夜であつた。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
そうしては時時かれの方を眺めながら、かれの視線に出会すとあわてて視線を外らし、いくらかてて声をへどもどさせるのである。
幻影の都市 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
水へ向って射込んでも、矢は用をなさず、刺叉で掻き廻しても、投げりこんでも、笑うが如き泡沫が一面ぶつぶつ明滅するのみである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのは緑銭の水渭に浮かべるがごとし(一六)。唐の詩人盧同の歌ったのはこのような立派な茶のことである。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
てて紙で押えて涙を拭き取り、自分の写真とべて見て、また泣いた上で元のように紙に包んで傍に置いた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
こんな機会でなければ、顔をすことはありませんが、これでも私は工業の部門に属する専門家になろうとした事がありました。私は建築家になろうと思いました。
おはなし (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
おや落したかとすこしてて見直したらね、小さく畳んだ十円が入っているの。いつの間の仕業でしょう。なかなかいいおかみさんではありませんか。
が今、武蔵の耳をいたく刺戟したのは、その風の間に流れて来た——篳篥と笛とを合奏せた古楽の調べであった。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今の計を為さんには、和親して以て二虜を制し、間に乗じて国を富まし兵を強くし、蝦夷き満洲を奪い、朝鮮を来たし南地をせ、然るのち米をぎ欧をかば、則ち事たざるは無し。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「それよりあなたお母さんに私をす前に、私に話すことがあると云ったわね。あれ何のこと」彼女はく考えて、「あれことによったらあなたのラブ・アフェヤーにでもいてではなくって」
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
三杯ねるまで容易にを取らないからいいけれども西洋風に客の待っている処へ直ぐ持って来て客がてて口へ入れるとち舌を焼くね。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
いくらかて気味ながら、この重役の策略のない頑固さに信頼していた。深く考えなかったのだ。深く考えずに済む時代に生きて来ていたのだ。云わば、心にうつる快不快を善悪として処断していた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
じっとをとじて、聞き惚れているうちに、沢庵は、昔三位博雅卿が、朱雀門の月の夜に、笛をふいて歩いていたところ、楼門の上で同じように笛を合調す者があったので、話しかけて笛を取りかえ
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その楽器の来るのも待たないで、八字髭の手品使いは、酒樽のふちを叩きながら、胴間声をはり上げて、三曲万歳を歌い出した。玉乗娘の二三が、ふざけた声で、それにした。
踊る一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
せて相見ん、我れ今知ること全からず、然れど彼の時には我れ知らるる如く我れ知らん
荘内に在るに及んで左右その人をるを見、詩を賦して以て自ら悲しむ、三十一年一夢のごとく、醒め来る荘内破簾の中の句あり、聞く者これをれむ〉。
目をさますと共に時計を見ながら慌忙てゝ起きてしまふ。
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
百は、手をせて
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
河童頭の、妙齢十八九歳ばかりとも見える Made in Japan のお嬢さんが坐っていて、御者の唄う歌に調せて手拍子を打っているのである。
されば彼は二十一、二節において言う「わが友よらわれをれめ、我を恤れめ、神の手われを撃てり、汝ら何とて神の如くして我を責めわが肉にくことなきや」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
我を罵る友——罪なき我を罪ありとして責める友——親友なる我に無情の矢を放つ友に向ってさえ「我をれめ、我を恤れめ」と屈辱的な憐愍を乞うに至ったほどのヨブが
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「太医、太医。はやくいつもの薬を調合せてこの痛みをのぞいてくれい」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吉平は、慶童子の捧げている薬籠を取って、八味の神薬を調合
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十歳の時『史記』の講義を聴くに田忌千金を賭け逐射した時孫子忌に教えてその下駟と敵の上駟とさしめ無論一度負ける、次にその上駟とかの中駟と
近く叙勲された女流教育家たちなどが倉皇てて「女学生べからず訓十カ条」を制定するような状態であったのです。
婦人改造と高等教育 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
その悄悵として、い音色のクラリオネットが、「ここは御国を」などの、聴き馴れたものを、一つ一つ教えこむように吹き鳴らす時、黙々と聴入った黒吉の胸の中には、何かしらぬ熱いものが
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
室数多けれども至って寡少なる深川のは、その夜よりわしくなれり。綾子が厚きにて、ただにかの婦人のみならず、なお彼に附随せる犬をもせて養いぬ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ざっと次のごとく事項を分け列ねた各題目の下に蛇についての諸国の民俗と伝説の一斑を書き集めよう、竜の話に出た事なるべくまた言わぬ故せて欲しい。
此家の老百姓に聞いてみたところ、ここから近い阿佐村には、遠い昔から、阿佐ヶ谷神楽といって、旧い神楽師の家があり、毎月、三峰神社の月祭りには、そこの家で調べをせて
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち其女豊玉毘売をせ奉りき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
には大雷居り、腹には黒雷居り、には雷居り、左手には若雷居り、右手には土雷居り、左足には鳴雷居り、右足には伏雷居り、せて、八雷神成り居りき。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この時、幕府、夷書を下して言路を開く。余、同志と議し、くも二、三の名侯心をえ力をせ、正義を発し俗説を排するもの有らば、則ち天下の論定まらんと。しばしばこれを政府にす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
仲よしの小鳥がす時、歯の生際嬰児が、軽焼をカリリと噛む時、耳をすと、ふとこんながするかと思う、——話は違うが、(ろうたけたるもの)として
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
若いから嘸おだろうけれども、まアお年にしてはく看病なさるっておさんも誉めて居ますよ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
その空気が一番多く侵入する所はか腰の附け根だからそこを押えてみると空気の吹込んであるのはブクブクと気泡が動く。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
両手を、畳に下そうとすると、浪路はてて
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
けれど、私は、たつた一度彼女に会つたきり、このまま永久に相会ぬことになる。それは私としてはまことに淋しいのだ。
殺人鬼 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
古く驢と牛をせ耕すを禁じ(驢が力負けして疲れ弱りまた角で突かれる故)、モセスの制に七日目ごとに驢牛をますべしとあると。
「そうじぁないよ。みんなとはかぎりゃしないさ。運のいい奴はそれにであわなくってすんじまうよ。それから山へ登る奴だって、そんな運命なんかに全然逢着ないように登ってる奴もあるもの。」
後自分は此男にないのである。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
只だ御互に気を付けたいのは、斯様なる紛擾の時に真実、神の子らしく、基督の信者らしく謙遜柔和に、の栄光をはすことです——私の名が永阪教会の名簿にると無いとは
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)