幻影の都市げんえいのとし
かれは時には悩ましげな呉服店の広告画に描かれた殆ど普通の女と同じいくらいの、円い女の肉顔を人人が寝静まったころを見計って壁に吊るしたりしながら、飽くこともなく凝視めるか、そうでなければ、やはり俗悪な何とかサイダアのこれも同じい広告画を壁に張 …
作品に特徴的な語句
退 うかご ひけ 湿 亀裂ひびい いっ 上手うま はま 微笑わら あら とも 不明わか かえ なら とざ くぎ あっ はし のり なま つま おぶ うるさ やみ 玻璃ガラス ゆす すわ よみが がゆ あて やす といし から 窓帷カーテン いま しん きゅう 彷徨ほうこう かげ きま まった かか 奈何いか しゃが しま 飛下とびおり 仮令たとえ 頸首くび 判明はっきり すべ あわ 種種いろいろ かわ かび 溝板どぶいた 漆塗うるしぬり よど 黒漆こくしつ もず かれい 煌然こうぜん 煙草たばこ すす かぜ 燦然さんぜん なお 顫律せんりつ 瓦斯ガス うま 顫動せんどう 生国しょうごく ふる 疼痛とうつう くび あざ しび 益益ますます 真鍮しんちゅう 靡爛びらん 睫毛まつげ またた 知悉ちしつ なび かかと