“不明”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふめい54.5%
しれず18.2%
しれな9.1%
わか9.1%
わから9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不明”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
虚榮きよえいあやまられたその不明ふめいが、その人々ひと/″\それ自身じしんつみであるとはいへ
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
さうしてたゞあざむかれた自分じぶん不明ふめいいてばかり彼女かのぢよぢたのである。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
そうして今度も一昨日から行方が不明しれずになったのである。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「角の酒屋の女隱居が、三毛猫が行方不明しれずになつたから、搜してくれと涙ながら頼んで來たよ。こつちはお禮が二分だが、それさへ斷わつたくらゐだ。百兩の搜し物を引受けて濟むと思ふか、八」
中斎先生に退治られた、京都の妖巫みつぎうば、その高足のお久美という女、網の目を逃がれて行方が不明しれない。その後も中斎先生には、心にかけられ居られたが、江戸にいようとは思わなかったぞ。見現わしたからにはようしゃはしない。先生に代わってこの矩之丞、破邪の剣を加えてやる。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かれはこうした予期はしなかったが、このふしぎな自動車のなかに女の肉顔を見いだしただけでも、かれの靡爛びらんしつくしたような心をどれだけ強くゆすぶったか不明わからなかった。
幻影の都市 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
と、人家の屋根瓦を読みはじめた。何度も何度も読みはじめた。気が落ちつくと、だんだん瓦の数が不明わからなくなった。眼が一杯な涙をためていた。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)