“二日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふつか94.4%
ふたひ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二日眞夜中——せめて、たゞくるばかりをと、一時千秋つ——三日午前三時ばならんとするであつた。……
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やがて、一枚の小切手が約束の三十日より二日も早く私の手もとへ届いた。私はそれを適当に始末してしまうまでは安心しなかった。
分配 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
帰るべき家なしと言張りて、一日二日に、漁師夫婦の質朴なるに馴染みて、不幸なる我身の上を打明けしに、あはれがりて娘として養ひぬ。ハンスルといふは、この漁師の名なり。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
いつぞは正氣りてのさめたるく、父樣母樣といふのありもやすると覺束なくも一日二日たれぬ、空蝉はからをつゝもなぐさめつ、あはれなる秋風のおとこえずもがな。
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)