“二日二晩”の読み方と例文
読み方割合
ふつかふたばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのから、ひどい雨風になりました。二日二晩かないて、りつづいたので、はおおかたえてしまいました。その雨風は、いい天気になりました。
大きなかに (新字新仮名) / 小川未明(著)
したのではもとよりなく、きのうもきょうもと、二日二晩いた揚句てが、隣座敷れているとせての、雲隠れがよくんで、大通りへて、駕籠うまでの段取りは
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
って、や、けてから、ろしい旋風に、をまかせて二日二晩をつづけてから、ようやく、下界かに、りることも、その一つであれば、また
海からきた使い (新字新仮名) / 小川未明(著)