海からきた使いうみからきたつかい
人間が、天国のようすを知りたいと思うように、天使の子供らはどうかして、下界の人間は、どんなような生活をしているか知りたいと思うのであります。 人間は、天国へいってみることはできませんが、天使は、人間の世界へ、降りてくることはできるのでありま …
作品に特徴的な語句
じよう うえ ぐら すく ゆう 木枯こが 旋風せんぷう 故郷こきょう ゆび なさ いそ おだ さいわ 少女しょうじょ こお 見送おく ゆる おぶ はは のぞ にち ほう 生活せいかつ きゅう いか 年寄としよ ねん 容易ようい いえ くる むすめ あね 大雪おおゆき はな かた よる そと ごえ 今日きょう あた つゆ からだ かたむ たっ 両親りょうしん しず ひか なか なか おと ちち あいだ つめ ねむ 真心まごころ くも 相手あいて 盲目めくら 雲間くもま いた 病気びょうき うたが まち もう 青々あおあお ひと 牛乳ぎゅうにゅう とう 燈火あかり 永久えいきゅう なみ おき 決心けっしん とり けが 一人ひとり 母親ははおや 毎夜まいよ