“二三日前”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にさんちまえ80.0%
にさんにちまへ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二三日前”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼女は津田が病院へ入る時、彼に入用いりようの手荷物をまとめるため、二三日前にさんちまえすでにそこをさがしたのである。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二三日前にさんちまえ年始に行きましたら、門の内で下女と羽根を突いていましたから病気は全快したものと見えます」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
——のきはなけます、といりかはりちかはる、二三日前にさんにちまへから、もう町内ちやうない親類しんるゐづきあひ。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)