“二三日前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にさんちまえ66.7%
にさんちまへ16.7%
にさんにちまへ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が手術のため一週間ばかりけなければならないと云って、その訳をお延に話したのは、つい二三日前の事であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
つい二三日前其所てゝいたのですが、子供面白半分にわざと屏風まつて、色々惡戲をするものですから
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
けます、とかはりちかはる、二三日前から、もう町内親類づきあひ。それもい。テケテンテケテン、はや獅子ひあるく。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)