“二三日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にさんち77.8%
にさんにち18.5%
にさにち3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なものには到底かれさうにりません」とめた宜道まへてつた。それは二三日であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
二三日つて、さんにをした。其日白樺社中で、御存じの名歌集紅玉』の著者木下利玄さんが連立つてえてた。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)