番茶話ばんちゃばなし
小石川傳通院には、(鳴かぬ蛙)の傳説がある。おなじ蛙の不思議は、確か諸國に言傳へらるゝと記憶する。大抵此には昔の名僧の話が伴つて居て、いづれも讀經の折、誦念の砌に、其の喧噪さを憎んで、聲を封じたと言ふのである。坊さんは偉い。蛙が居ても、騷が …
作品に特徴的な語句
そろ いひ とつ 女房かみ まぶし おとづ 退しさ はづか おほい 寂寞しん にほひ 一寸いつすん うへ 矢張やつぱ いつ 幾干いくせん しよ とほり はぢ おほ じつ まへ 可哀あはれ 際限かぎり 寂寞ひつそり かへ 小作せうさく いとけな あたゝ やはら 蝌蚪くわと をんな ひきがへる めづら きふ かへる あひだ うけたまは おく いへ たし 可恐こは はう 水馬みづすまし 見透みとほ えい ちひ 人通ひとどほり たづ くれなゐ 橙色オレンジいろ あふ がく とほ おも 素破すつぱ 岡惚をかぼれ 東南ひがしみなみ 喧噪さわがし 厄介やつかい をし あわたゞ 去年きよねん いそ こゝろざ 附着くツつ けづ かゝ すう 張合はりあひ えう それ 道理だうり はひ 向側むかうがは 光景くわうけい むらが はゞ せん 連中れんぢう めん きたな あが つま しやが さだ くう 水掻みづかき 突張つツぱ ばなし 多勢おほぜい