“飛行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひぎょう44.1%
ひぎやう20.6%
ひかう8.8%
ひこう8.8%
ヒギヤウ5.9%
とびあり2.9%
とびあるき2.9%
とびゆく2.9%
ひぎよう2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仙冠者は稲葉なにがしの弟にて、魔術をよくし、空中を飛行せしとや。仙冠者をわれ嫌うにあらねど、誰か甘んじて国麿の弟たらむ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まことやその時は学匠の姿も、折から沈まうず月を背負うて、さながら怪しげな大蝙蝠が、黒雲の翼を一文字に飛行する如く見えたと申す。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
飛行なさばいざしらず我が庭の飛石に草履が血にて明々殘るの所謂なしふべき一ツなり然すれば傳吉に意旨し者猿島川にて男女のされたるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大講会の空を飛行して、試合の心をみだす奇怪な女を、拙者一火流砲術をもってち落とし、かく衆人のさわぎを取りしずめたものを
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
七処女の真名井の天女・八処女の系統の東遊天人も、飛行の力は、天の羽衣に繋つてゐた。だが私は、神女の身に、羽衣を被るとするのは、伝承の推移だと思ふ。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
およそ陸鳥は夜中となり、水鳥は夜中也。ことには夜中物を見る事はなはだ明也。他国はしらず我国の雁はおほくはり、夜は飛行く。
我越後の雪蛆はちひさき事し。此虫は二あり、一ツはありて飛行、一ツははねあれども蚑行。共に足六ツあり、色はく(一は黒し)其る所は市中原野におなじ。
さてにいへる渋海川にて彼岸、幾百万の白蝶水面より二三尺をはなれてもすれあふばかりたるが、さは一あまり、両岸りとして川下より川上の方へ飛行
しどろの足をねされて、飛行の空にがるゝ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)