“水鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みづとり38.5%
みずとり23.1%
みずどり15.4%
みづどり15.4%
すゐてう7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といふのは、水鳥が、ることからつてて、人間にも、舟旅夜泊りの場合ひます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
仙波沼の水が先のほうに少し見えた。水鳥だろう、胡粉を点々とおいたように白い。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おなじ場所では余り沢山には殖えないものなのであろうか知ら? 御存じの通り、稲塚稲田粟黍の実る時は、平家の大軍を走らした水鳥ほどの羽音を立てて、畷行き、畔行くものを驚かす
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水鳥青馬今日はかぎりしといふ 〔巻二十・四四九四〕 大伴家持
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
およそ陸鳥は夜中となり、水鳥は夜中也。ことには夜中物を見る事はなはだ明也。他国はしらず我国の雁はおほくはり、夜は飛行く。