“三平汁”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんぺいじる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三平汁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただようてくるったかい三平汁さんぺいじるにおい
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) / 広海大治(著)
秋田育ちの葉子は食べ物拵えにも相当趣味をもっている方であったが、その時台所へ出て拵えたものは、北海道料理の三平汁さんぺいじるというのであった。葉子は庸三にきに来られると、顔を赤くして、
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)