“薩摩汁”の読み方と例文
読み方割合
さつまじる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
シチュウとか、ライスカレとか、薩摩汁とか、なるべく一種類で、少しの材料で、大勢の者がお腹一杯食べられるような工夫をする。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
近ごろはとかく奥歯に物のはさまりしように、いつ帰りても機嫌よからぬ母の、今夜は珍しくにこにこ顔を見せて、風呂かせ、武男が好物の薩摩汁など自ら手をおろさぬばかり肝いりてすすめつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)