“沖膾”の読み方と例文
読み方割合
おきなます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
只愉快なのは、沖膾といつて、釣りたての鰺を皮をむいて、生醤油のまま沖でむしやむしやとやれる事だ。少しも臭くない。この味をしめるともう陸の刺身などは食へなくなる。
夏と魚 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)