“唐辛子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうがらし73.0%
たうがらし27.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松の間から見えるが、秋の空の下で、燃え立つように赤かった。しかしそれが唐辛子であると云う事だけは一目ですぐ分った。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
同じ刺撃性の食物でも唐辛子山葵の類をの出る病人に食べさせたらいよいよ気管を刺撃して咳を増さしめるけれども生姜は咳を鎮静させる。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ものの、ぼたん、ばらよりして、缺摺鉢、たどんの空箱割長屋松葉ぼたん、唐辛子るまでせばになる。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
部屋一パイにこめて居るのは、七味唐辛子をブチけたやうな、凄い煙で、その煙をざいて、稻妻の走ると見たのは、雨戸から障子へ燃え移つたです。