“唐辛子調”の読み方と例文
読み方割合
とうがらしちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あまいとからいと反照するところなんか十七味調唐辛子調で面白い。全く東風君独特の伎倆で敬々服々の至りだ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)