“七種”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ななくさ85.7%
なないろ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古日を恋ふる歌」(巻五・九〇四)にも、「世の人の貴み願ふ、七種の宝も我は、なにせむに、我がの生れいでたる、白玉の吾が子古日は」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
人によっては『万葉集』にある「朝顔は朝露負ひて咲くといへど、暮陰にこそ咲益りけり」の歌によって、秋の七種の歌の朝顔をムクゲだと考えたので
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
呉海呉山の珍味は玉碗銀盤に盛られ、南国の芳醇は紅酒、青酒、瑪瑙酒など七つの杯に七種つがれた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)