“白菜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はくさい57.1%
パイサイ28.6%
しらな14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白菜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白菜はくさいの霜にかがよふ夜明け方ありありきて鳩は眼聰めざと
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
白菜はくさいの霜にかがよふ夜明け方ありありきて鳩は眼聡めざと
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
私は直ぐにそれをつまんで白菜パイサイの畑のなかに投げ込んだ。
はなしの話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私は直ぐにそれをつまんで白菜パイサイの畑のなかに投げ込んだ。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
一端の布に包むを覚えけりよね白菜しらな乾鮭からさけを我
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)