“砲弾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうだん71.4%
たま21.4%
はうだん7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風洞の中を、気密列車が砲弾のように遠く走っていく、というよりも飛んでいくのですな。十八時間でサンフランシスコへつくんですよ
三十年後の世界 (新字新仮名) / 海野十三(著)
味方の砲弾でやられなければ、勝負のつかないようなしい苛過ぎると思いながら、天辺までった。そこには道標に似た御影角柱が立っていた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
勇士たちいつの世如何に慰めん此の塔にさへ砲弾