三十年後の世界さんじゅうねんごのせかい
万年雪とける 昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。 ことに七月二十四日から一週間の暑さときたら、まったく話にならないほどの暑さだった。 涼しいはずの信州や上越の山国地方においてさえ、夜は雨戸をあけていないと、ねむられないほどの暑くるしさだ …
作品に特徴的な語句
はく だに 微笑びしょう かい 境界きょうかい なな きゅう 燃料ねんりょう 同胞どうほう とざ 戸外こがい かか めん 仕掛じかけ 暗黒あんこく 一足いっそく 能力のうりょく 艇外ていがい ゆびさ さっ 捕虜ほりょ 装飾そうしょく 奇魚きぎょ 外科げか かん かた 唯一ゆいつ うな 合点がってん 炭坑たんこう くだ 鋼鉄こうてつ 下手しもて 来襲らいしゅう 関所せきじょ 円柱えんちゅう 入用にゅうよう 毒魚どくぎょ 洞穴どうけつ 歓喜かんき 先触さきぶれ かたむ 人力じんりょく 消息しょうそく かたわら とま 異様いよう 水槽すいそう あみ たましい くだ 箇所かしょ 筆法ひっぽう ぼっ 波紋はもん いね 神秘しんぴ みが 硝子ガラス 砲弾ほうだん 洞門どうもん 活発かっぱつ 派遣はけん 砂漠さばく 浄化じょうか 短縮たんしゅく 球形きゅうけい きゅう すべ 熱弾ねつだん 溜息ためいき 満月まんげつ 燈火あかり 牡牛おうし きつね 猶予ゆうよ さび 甲虫かぶとむし 浮力ふりょく 白冠はくかん 滑走かっそう 異人いじん 略奪りゃくだつ 生命いのち すず