満蒙遊記まんもうゆうき附 満蒙の歌ふ まんもうのうた
日本人が先史時代から永久の未来に亘り、いろいろの意味で交渉の最も深い隣国の現状について、余りにも迂濶であるのは愧かしい事である。明治以来の応急の必要が、海外の知識と云へば、欧米の其れに偏せしめたのであつた。今はその偏見の革正せらるべき時であ …
作品に特徴的な語句
ハオ しやう しや とう きやう 高粱かうりやう ぐわん かうべ チヤオ ほしい うへ 生死しやうじ かへ かは しよ やう けう 大江タアカン 露台ろたい かは 曠野くわうや づら さう やは かう とほ やつこ 大船おほふね 大河だいが 大江たいかう けぶ あひだ たい うつ おも 曹達さうだ 苦力クリイ てう 築地ついぢ みづか いち しん はく 長江ちやうかう ぬの 横町よこまち かん 輿丁よちやう しやく 牧草ぼくさう 水際みぎは かく 嫩江ノンチヤン せは かご ぬひ ただ もと 画舫ぐわはう 釣魚てうぎよ 大人うし だい ゐのこ うぢ 沙河しやが 苦力クウリイ ゑが 首肯うなづ べつ 船室せんしつ 砲弾はうだん まど あは 曠野ひろの かはづ たう 今日けふ れつ 北山ほくさん 白玉はくぎよく こく にら 温突ヲンドル 薄明はくめい 翡翠ひすゐ 老松らうしよう 緑青ろくしやう あした 軟風なんぷう ふみ ゆか ろう まき