“羽子板市”の読み方と例文
読み方割合
はごいたいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしたうちに、年暮は迫って、何はあっても、江戸の町は、年の市、羽子板市、そして春を待つ支度に世間の物音はしない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
茶屋町で駕を降りる——そして二人は二人の湯女を連れて、いい身分でもありそうに、仲店から観音堂の界隈へわたる、羽子板市のすばらしい景気の雰囲気につつまれて行った。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江戸へはいると、草市羽子板市よと、あわただしく雑沓している都会の雰囲気が、い気持に彼女をつつんで、四囲の人の目も冷ややかに光る、地方を追われ通して来たお蝶をほっと息づかせて
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)