“寄鍋”の読み方と例文
読み方割合
よせなべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、降る降る、面白い。かう云ふ日は寄鍋で飲むんだね。寄鍋を取つてはう、寄鍋が好い。それから珈琲を一つへてくれ、コニャックをと余計に入れて」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
団子坂のエビスで紅茶を呑んでいると、順子さんは、寒いから、何か寄鍋でもつつきたいと云う。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
寄鍋の泡咲くけはひ。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)