“鴨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かも93.5%
あひる2.2%
がも2.2%
カモ2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
売僧、ちん座興にしては折檻が過ぎようぞ、眉間傷が夜鳴き致して見参じゃ。大慈大悲のとやらをかき合せて出迎えせい」
りえてよみしに、○塔不剌とありてに○○油○より或は雞○をいれ、慢火にて養熟とあり。
潮はく動いて来た。はまさに来らんとするのであるがいまだ来ない。川向うの蘆洲からバンが立って低く飛んだ。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
」「思ひ」などの「も」には「母」を用い、「」「」「」「」などの「も」には「毛」を用いる
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)