おしどり
林泉のほとりに今日も若者はひとりうっそりしゃがんでいた。冠はほころびくつには穴があき、あごにははらはらとぶしょうひげがみられ、頬骨の下にはのみでえぐったようなくぼみがあった。そして凝視している涼しい眼には深い哀しみの色がやどっていた。その眼 …
作品に特徴的な語句
隙間げきかん 尾羽おばね ぞう 帰途きと 形象けいしょう 真実しんじつ 頭髪とうはつ あおぐろ 一刻いっこく おのれ ぶね 一尺いっしゃく 不純ふじゅん 今日きょう からだ かんむり 凝視ぎょうし かな たえ むすめ よめ かれ 彼女かのじょ 恐怖きょうふ 歓喜かんき えが せい 羽毛うもう 背後はいご つゆ 一分いちぶ 一対いっつい 一抹いちまつ 一揖いちゆう 一筋ひとすじ 一管いっかん 不審ふしん 両掌りょうて 五色ごしき 今日こんにち 今晩こんばん 介在かいざい 仙人せんにん 仙術せんじゅつ 分裂ぶんれつ 努力どりょく 反発はんぱつ さけ 呆然ぼうぜん ゆめ 奇妙きみょう つま 姿すがた 威圧いあつ 容貌ようぼう まく 後髪うしろがみ 心臓しんぞう こい 恋人こいびと 悪魔あくま おも 憔悴しょうすい あたた 木犀もくせい 未練みれん 林泉りんせん 水蓮すいれん 永劫えいごう みぎわ いずみ すず 爾来じらい 狂喜きょうき 異様いよう 瞬間しゅんかん 知能ちのう 程度ていど あな ふえ 約束やくそく 純真じゅんしん 素性すじょう きぬ 総角あげまき つみ 羽根はね 肉眼にくがん かた 胚胎はいたい むね 胸毛むなげ ひざ 芝生しばふ