“一対”のいろいろな読み方と例文
旧字:一對
読み方割合
いっつい93.9%
いつつい3.0%
つがひ3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして凝視しているしいには深いしみの色がやどっていた。その眼で若者はさっきから一対のおしどりをあかずながめていた。
おしどり (新字新仮名) / 新美南吉(著)
それを引きばすと、既婚一対は、双方ともに、流俗に所謂不義の念にされて、過去から生じた不幸を、始終めなければならない事になつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)