“介在”の読み方と例文
読み方割合
かいざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫婦れた幾人彼等介在してた。有繋幾人自分父母ばれるのでんでへてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
下は獣類のあいだに介在するものであるから、両者の性質を兼備し、自分の勝手都合よきほうにべ、ある時はみずから尊者の敬称をんじて受け
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
それは、和睦問題に、彼が介在したことだった。主戦論の味方からは、忽ち“親敵人物”と極印をおされた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)